消費者金融で借りる前に知っておきたい事

消費者金融は審査さえ通れば、収入に応じた額を借り入れることができますが、消費者金融で借り入れをする前に知っておきたい事がいくつかあります。

現在の消費者金融の借り入れには、貸金業法で定められた総重量規制により、年収の3分の1までしか借り入れることができなくなっています。

上限一杯まで借り入れをしてから、他の消費者金融で新規の申し込みをしたとしても、すでに年収の3分の1まで借りていた場合には、審査段階で落とされてしまいます。

ただし、この総重量規制は消費者金融にのみ適応されますので、銀行系のカードローンには適応されません。

収入や会社への勤続年数から「収入の安定感」があるかどうかを考慮します。
もし給料が多かったとしても勤続年数が短い場合は審査を通過できない場合もあります。
もし給料が少なかったとしても、長い間職場に勤めているとなれば審査を通過することもあります。
出典:(プロミスの審査に通るための借入ガイド)より

銀行系のカードローンは金利が安いことが大きなメリットですが、消費者金融に比べ審査が厳しいこともあり、審査段階で落とされてしまう可能性もあり、決して簡単ではありません。

一方消費者金融は、審査は銀行に比べゆるいところが多いですが、銀行に比べ金利が高いというデメリットもありますが、初回なら30日間無金利で借りられたりと、サービス面も充実していますので、初めて利用する場合にはどのような特典があるのか調べてから利用しましょう。

消費者金融の即日キャッシングについて

突然まとまったお金が必要になった場合、消費者金融は強い味方になってくれます。
なぜなら消費者金融の審査は銀行などと比べてとてもスピーディーだからです。

場合によっては申し込みをしたその日のうちにお金を借りることができます。
即日キャッシングと呼ばれているサービスですが現在では幾つかの消費者金融でこのサービスを提供しているようです。

ただし、即日キャッシングを正しく受けるには利用者側にも注意しなければならない点があります。
いちばん気を付けなければならない点は申し込み時間です。

即日キャッシングの場合は借り入れたお金は口座に振り込まれることになるのですが、銀行の営業時間外になってしまうと振込は翌日以降になってしまいます。
ですから申し込みはできるだけ早くしたほうが良いのです。

多くの消費者金融では申し込みにインターネットが利用できますので少しでも早く申し込みを済ませたいのであればインターネットを使うのが良いと思います。

インターネットであれば24時間申し込みができますので即日キャッシングを受けられる可能性が高くなります。

おまとめローンは即日融資?

消費者金融や銀行系の会社でも即日融資に対応しているところが多くなっています。
おまとめローンに関してはどうかということが知りたくなることがあります。

というのも返済が大変になると今すぐに一本化してわかりやすい返済の形態にしたいと思うことがあるからです。
即日で対応してくれるところがあればそうしたいと考えることもあるものです。

ですが、おまとめローンというのは多くの場合多額の借金が関係している場合が多いので審査にも時間がかかるのは確かです。
それで借金している額がどのくらいなのかということと、どこの金融の会社を利用するかによっても変わってくるのです。

銀行系であればまず即日では無理と考えるべきですし、消費者金融は対応は早いものの、それでも数日かかってしまうことも多いものです。

そうした事情を考えると即日でのおまとめローンで一本化を図るのは容易ではないと思われますが、即日でのおまとめローンをトライするならば消費者金融がベストです。

おまとめローンにデメリットはあるのか

おまとめローンは複数ある借り入れを一本化することで、債務者の利益になるようにすることが基本的なことですが、うまく利用すれば複数ある借り入れの管理の負担を少なくしたり、全体的に金利を下げたりできたりとメリットはかなりあります。

このように金融機関もメリットばかりを強調する傾向がありますが、デメリットはないわけではありません。

デメリットとしては複数ある借り入れが一本化されることから、金額が大きいので金利は下がることがほとんどです。
その代わりに金額が大きくなってしまうということは返済期間が非常に長くなってしまう可能性があることを忘れてはいけません。

返済は金利が高くとも返済期間が短ければ結局は総返済額が大きくならないこともありますし、金利が低くとも返済期間が長くなれば総返済額が大きくなってしまうこともあります。

おまとめローンを利用する場合には事前にシュミレーションで返済を確認しておく必要があるのです。

カードローン、複数契約があるならおまとめがおすすめ

カードローンにて、複数の借り入れがある場合には、なるべく一つのカードローンにまとめてしまうことをおすすめします。
理由は、その方が金利が大幅に安くなるからです。

例えば、100万円以下の借り入れをしていると、だいたいどこのカードローン会社も金利は十数パーセントとなっています。
合計した借入金額が300万円だとして、それを1社のカードローン会社にまとめることが出来た場合の金利は10%を切るケースがあります。

つまりバラバラで借り入れをしていると、個々の低い借入金額に対し場合によっては、一番高い設定の金利が適用になってしまいます。
まとめることによって、その借入金額に応じた金利が適用されるため、トータルしてカードローン会社に返済する金利は少なくなるということです。

また、カードローンをまとめるメリットは、返済スケジュールが立てやすくなるということです。
それまで、金利の異なる、また返済日の違うカードローンをしていた場合、次々にやってくる返済日に追われるような事態になってしまっていたはずです。
それをカードローンを1社にまとめることによって、返済日は月1日となり、また金利も合理的なものになりますので、大変返済がしやすくなります。
従来に比べ、浮いた金利などは繰り上げ返済にあてる余裕も生まれます。

カードローンの見直しの際には、おまとめローンとすること、是非、検討してみて下さい。

低金利カードローンに借り換えよう

消費者金融で結構なお金を借入れてしまっている方も少なくないでしょう。
最初に設定してしまった返済額に金利においつかなくなってしまい、毎月火の車になってしまっている。こうなったら、もう他に借金を重ねるしかないのでしょうか。

違います。
実は、この消費者金融を他の場所に移し、借り換えという選択肢を選ぶことができる可能性もあるということを知っておきましょう。

結果的に別の金融機関に借入をずらすことなので、お引っ越しのようなものとして認識していけば良いかもしれませんね。
さて、この借り換えをする理由の一つに借金を減らすため、ということが挙げられます。
それは、当然でしょうね。減らなかったら何の意味もありませんからね。

さて、ここで注目していかなくてはイケナイのが、複数の金融機関で多く借入れをしている方の場合なのですが、確実に高金利の場所での借入になってしまっていることいが多いのです。
結果的に、この様々な場所で借入をしているのを、ひとつの金融機関でまとめることで、金利も減ることになり、第一返済がとてもラクになるのです。

しかし、高額な借入になるので、結果的には借金が減ることが無かったという方もいるでしょう。
しかし、結果的に計画的な返済をしていけることを思えば、大きなメリットがあるのでしょうか。
結局、大きな借金の減額にはならないかもしれませんが、確実にラクにはなります。

しかし、低金利カードローンは審査が厳しいのでそのあたりだけは気をつけましょう。